Monthly Archives: 1月 2015

お金を借りるくせをつけると危ない

お金を借りるくせをつけると危ない

現在、消費者金融や銀行などからお金を借りる予定のある方は、その借りたお金の利用目的は何なのでしょうか。
借りようとしてる方がどういう立場の方なのかでも変わってくると思います。正社員として一人で働いている方なら、会社の収入だけでは生活ができない、などの理由かもしれませんし、専業主婦の方なら、旦那さんの収入だけでは生活するので手一杯で、自分にもお金を回す余裕が無いので消費者金融を利用したい、学生の方なら友達との付き合い、旅行に行く機会などでお金を借りる必要が出てくるかもしれません。
ですが、カードローンなどを利用して一度お金を借りると、その気軽さもあって際限なくお金を借り続けてしまうことがあるかもしれません。


《目的を決めてお金を借りる》

お金を借りる目的が、もしなんとなくであったりパチンコ代の足しのような、あまり有意義とはいえない目的だったとしたら少し危険かもしれません。
最近の消費者金融や銀行が運営するカードローンはとても気軽にお金を借りることができます。キャッシングカードのようなカードローンの利用カードを持っていれば、近所の銀行、コンビニエンスストアのATMを利用して、自分の口座からお金を引き落とすのと同じような手順と気軽さでお金を借りることが可能です。
これはとても便利なことです。時間と、あまり場所の制約も受けずに気軽にキャッシングを利用できるのは大きな利点です。
ですがカードローンはその利便性の分大きな金利がかかってしまいます。銀行のカードローンのほうが消費者金融のものより金利が低く設定してありますが、その分多少審査基準が厳しくなっており利用までのハードルが高く設定してあるのが特徴です。
いずれにせよ、カードローン利用前にあらかじめしっかり利用目的を決めておいて、返済の目途も立てておくことが大切です。


《返済計画を立ててからお金を借りる》

なんの計画も無しにお金を借りるのも危険です。あらかじめ決めた借入額を返せるだけの収入の見込みをもってキャッシングを利用することが大切になってきます。
目的を定めて、きちんと返済計画も立ててからカードローンを利用すれば、カードローンはとても便利なものになります。ですが、一度利用すると、またお金が無くなった時にまた借りればいいやと気が抜けてしまうので借りるくせがついてしまいます。銀行以外のカードローンには総量規制という借り入れの限度が定まっていますが、借り入れの利子だけでもかなりの額になってしまいます。